カテゴリ:生活の様子



03日 8月 2020
6年生の男の子が「折り紙なんか折ろうっと」と、折り始めました。 「何作っているの?」と大人。「いや、まだわかんない。というか、何も決めてない。なんとなく折ってるだけ」 と言いながら、なんだかだんだん形になっていく… 「これ何に見える?」「イカに見えてきた」と言いながら、更に折っていく… すると「あれ?!なんかネズミになった!」...

31日 7月 2020
今日は横尾泉さんと、様々な積み木を使って遊びました。 積み木と言っても奥が深く、こども達の創造の世界は無限に広がっていきました。 見本の写真を見ながら、こうなるにはこうしたらいいかな?と想像して工夫したり 何も見ずに、自分の感性だけで創りあげていったり 自分たちで考えてゲームを作ったり・・・...

30日 7月 2020
今日は宇野夏樹さんと化石クリーニング体験! 化石を削らないように周りの石を削っていきます。 アンモナイトやサメの歯、ウニの化石、2億年前の貝の化石もあるようです。 「化石削っちゃったらどうしよう…」「ドキドキする」と初めての体験に緊張しながらも挑戦していました。 やり始めると、職人のように集中・・・...

29日 7月 2020
今日は的場かおりさんと、海の音探し・音作りを楽しみました。 海の音どんな音があるかな?と各々紙に書いてみました。サーサー、ザァーザァー、ザッブーンetc… レインスティックを作って、みんなで海の音を作りました。 レインステックの中身は小豆が入っていて、小豆の量が違うだけで海の音が変わってきます。...

28日 7月 2020
石坂農園さんの朝採れ野菜を頂きました! 枝豆、とうもろこしの他に、3種類のかぼちゃの食べ比べもしました。 坊ちゃんカボチャ、バターナッツ、プッチーニ 人気はプッチーニかぼちゃでしたが、「僕はバターナッツかな」など野菜の味を堪能していました。

27日 7月 2020
自然アドバイザーの遠藤さんが蚕の幼虫を持って来てくれました。 もともと黄色い繭を作る種類の蚕だそうで、きれいな黄色い繭を作っていました。 そろそろ繭になる幼虫のいるカップには糸が張ってきています。 明日には繭になってるかな?と観察をしていきたいと思います!

17日 7月 2020
リビングのお庭にある、ミカンの木には何匹かの青虫がいます。 そのうちの一匹がミカンの木から抜け出し好きな所を探して、こども園とリビングの間の柵まで旅をして蛹に変身していました。 小さい子が触っちゃわないかな・・・鳥に見つかって食べられちゃうかもしれない・・・と心配も・・・ 今は囲いをして、蛹の羽化を楽しみに観察していきましょう!!

17日 7月 2020
動画にヒントをもらいながら、女の子が一週間かけて作った段ボールバスケットボール!! 男の子たちも借りて、盛り上がっています。 段ボールなので少しずつ壊れていきますが、修繕を重ね、また新たな工夫もされていきます。 こどもたちのイマジネーションは広がっていくようです。

02日 7月 2020
6月初めに植えたリビング畑の野菜たちが少しずつ成長を見せてくれています。 「初収穫!」と子どもたちが今日持ってきてくれたのはナス! よく見ると、ナスから鼻が! 思わずみんなで目と口を付けてしまいました。 【こどもリビング】のお庭には、畑の他にも様々な植物などがありますが、 シロツメグサもたくさんあります。...

23日 6月 2020
自然アドバイザーの遠藤さんのご紹介で昆虫料理研究家・内山昭一さんが食用コオロギを見せてくれました。 恐る恐る食べてみると…干しエビみたい?! なかなかできない体験が出来たようです。 【こどもリビング】では魅力的な大人たちがたくさん関わってくれています。 次は何かな?みなさんぜひ遊びにいらしてくださいね!

さらに表示する

【こどもリビング】は、学童保育とコミュニティカフェを融合した新しいこどもの居場所です。本来あった地域のつながりを取り戻すこと、それが安心安全な子育て環境への唯一の近道であると私達は考えます。プロの保育士と地域住民が一緒に創る理想の環境がそこに見えます。

途切れのない子育てサポートをめざす 株式会社ウィズチャイルド 

 

こども子育てシェアハウス【こどもリビング】 

東京都多摩市一ノ宮2-1-2  TEL:042-400-6461 管理人 田中鉄太郎